落园

【清醒是最大的不幸。】尚处于这个阶段,期待能跨越。

火影忍者——晓之音采访佐藤流司部分渣翻

1问:うちは兄弟の因縁なども描かれる本作だが、登場人物が歌うシーンも加わり、初演・再演とはやや見せ方に変化が出てくるとのこと。

         本作描绘了宇智波兄弟之间的关系等,增加了登场人物和歌唱场景,请问初演和再演的看法变化是?

1答:佐藤「まだ台本はいただいていないんですが、ナルトたちのところに戻れなくなったサスケだとか、“ダークサイド”に堕ちた人間の心理描写みたいなものも多くなるんじゃないかと。原作ではサスケがクリーチャーっぽくなる場面もありましたけど、どうなるんでしょうね……?」

         佐藤流司:现在(我)还没有看到台本,不想回到鸣人他们身旁的佐助,堕入黑暗面之类的心理描写也许不是很多。在原作中,佐助有变成生物(就是那个咒印状态吧)的场面,会怎么样呢?

2问:そして初演・再演で話題を呼んだのが、トランポリンを使ったアクロバットやエアリアル(空中パフォーマンス)といった、観客の度肝を抜く演出の数々。松岡&佐藤に今回どんな仕掛けが出てくるのか予想してもらったところ……?

         初演和再演都引起了相当的话题,使用了蹦床的杂技和空中演出,使观众大吃一惊的场面有很多。松岗和佐藤这回预想会有什么样(惊喜的)场面?

2答:佐藤「(演出の)児玉さんの頭の中はまるで読めないんですよ。そのサプライズ感を、お客様より俺のほうが楽しみにしているかも。個人的には舞台は体力的にしんどいほうがやりがいを感じられるので、キツいの大歓迎です(笑)」

         佐藤流司:完全无法知道儿玉导演脑中的想法。比起观众,也许我更享受这种惊喜感。就个人而言,舞台正因为费体力才会感到有意义,真是强烈的欢迎啊(?个人理解:因为受到很多关注所以有点压力?)

3问:視覚的なスケール感に加え、初演・再演より深みを増した人間ドラマが焦点となる本作だが、現時点でそれぞれが考える見どころとは?

        增加了视觉规模感,比初演更加深刻的人性为焦点的本作,目前看来值得看的场景?

3答:佐藤「個人的には再演のとき、少年時代のサスケの子供らしくかわいらしい一面を際立たせるよう演じましたが、続編では少し大人になって、さらにもう一歩悪へと踏み込んでいく過程を観せられたらと。今回はとにかくスマートな悪を……サスケは単に悪人ってわけではないんですけど、そういう新たな一面を見せたいですね」

         佐藤流司:就个人而言,(初演时)突出了在少年时代的佐助有着可爱孩子气的一面,(再演)续篇的话,稍稍有些大人感了,越来越深入恶的一面。总之这回是把智慧的恶……虽然佐助不是单单的恶人,但是想让大家看到这样的一面。

(趣闻)4问:2.5次元作品といえば衣裳も楽しみなポイントの1つ。ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」の衣裳は、生地の柄や素材感にこだわり、リアルに近づけるためにあえて“汚し”を入れるなど、原作を知っている人なら驚くほど忠実に再現されている。

         说起2.5次元作品,衣服也是值得享受的一点。live special naruto 的衣服,讲究质地和素材,为了有真实感,大胆的增加了一些污垢,对于原作粉而言仿佛(原作人物)真实再现。

4答:佐藤「初演・再演のときには少年の体型に見せるために、衣裳のあちこちにスポンジみたいなものを入れて丸みを出してたんですよ。今回の衣裳にはそれがほとんどないので、若干動きやすくなりました。きっとキツいシーンにも耐えられるはずです(笑)。良知さんのイタチの衣装は、動くとなると大変じゃないですか?」

          佐藤流司:初演时,为了展示少年的体型,衣服里到处都有海绵似的东西。这回的衣服没有那样,变得更加容易动作了。在费力的场景一定也能忍耐了(笑)。对饰演鼬的良知桑,动作会很难受吧……


原文:http://weibo.com/ttarticle/p/show?id=2309404064121845867884


评论
热度(12)
©落园 | Powered by LOFTER